開所記念日

4月1日に開園23年開所記念日の行事を行いました。

例年は近くの公園でお花見をしながらお弁当を食べるのですが、あいにくの天気で2階ホールで行事を実施しました。

利用者さん達は、カラオケをしたりお弁当を食べたりして楽しそうに過ごされていました。

 

原子力災害避難訓練

2月10日(土)県下一斉原子力災害避難訓練に伴い、川内なずな園でも避難訓練を実施しました。

午前7時に薩摩川内市で震度6強の地震が発生したという想定で、午前9時30分に屋内避難を開始し、利用者の皆さまも慌てることなく、スムーズに避難することができていました。

今後も「いつ何が起こるか分からない」という危機感を持って業務に当たります。

ミニ秋祭り

今年は数年ぶりに保護者をお招きした、ミニ秋祭りを行うことができました。

新型コロナウイルスの影響で、保護者と一緒に楽しめる行事は久しぶりだったので、皆さんとても嬉しそうに参加されていました。

田植え

今年も田植えが終わりました。ひっとべ班の職員、利用者様力を合わせてがんばりました。

今年もたくさん実りますように!

救急救命講習

新型コロナウイルスの影響で今年は3年ぶりに救急救命講習を実施しました。

3年受講していないととっさに出てこない場面もあり、毎年講習を受けることの重大さを実感しました。

支援に当たる職員全員が最低限の技術を身につけることで、これからも利用者様を守っていきたいと思います。

    

新グループホーム完成

新しいグループホームが完成しました。温かみのある色合い、大きな窓、皆で集まれる広々とした空間を見て、皆さん新生活への期待が高まっているようです。

開所記念花見

今年も桜の咲く季節になり、毎年恒例の開所記念花見がありました。

 

カラオケや色あざやかなお弁当、それに負けないくらいの桜の景色に皆さん大満足の一日となりました。

    

春のお楽しみ外出

3月、利用者様は長い間新型コロナウイルス感染症のため思うように外出ができませんでしたが、今年になって、コロナウイルスも落ち着いてきましたので、利用者様の希望に合わせ4グループ①買い物(姶良イオンタウン)②カラオケ・レストラン③ドライブ(平川動物園)④ドライブ(フラワーパーク)に分かれて外出し、それぞれ久々の外出を楽しまれました。

秋の一日外出

10月27日に入所の男性利用者様、28日は入所の女性利用者様、そして31日は通所の利用者様と3日間で秋の1日遠足を催しました。今回はなんと電車を1両貸切りまして肥薩オレンジ鉄道を行く出水駅から川内駅までの道のりを縦断しました。3日間共、天候に恵まれ、車窓一面に広がる東シナ海がキラキラと輝いておりとても素晴らしい景色でした。その景色を見ながらの電車内での食事に利用者様もご満悦な様子でした。更に車掌さんの帽子を被ったり、制服を着たりして喜ばれる姿も見られました。利用者様にとって忘れられない1日になったと思います。

ハロウィンイベント

10月29日ハロウィンカフェを開催しました。カフェを行うにあたり午前は皆でこの秋取れたさつま芋でスイートポテトを作りました。午後からはスイートポテトとカフェオレをお供に青空の下オープンカフェを開催。ヘアチョークを使って髪の色を変えてみたり、ドレスなどの衣装を着てみたりしてハロウィンの雰囲気を楽しみながら、自分達で作ったスイートポテトに舌つづみをうちました。